2009年1月23日金曜日

クリスマス休暇⑥ ~三度!パリ編~

グループワークやら何やらで更新が大分遅くなってしまった。クリスマス休暇の記憶も段々と薄れてきている。

クリスマス休暇最後の目的地はフランスパリである。この誰でも行くような観光都市巡りも、最後は世界で最も観光客が多いパリで締めくくられることとなるのである。

なぜパリかということだが、海外で年越しをする生まれて初めてのチャンスなので、どこがいいだろうかと考えた。そしたらパリが思い浮かんできたのだ。きっと旅慣れた人なら、ここのスポットが年越しにはいいんだよ、とか言うのだろうが、自分はそういうのは知らない。パリしか思い浮かばなかったのだ。

ブリュッセルからの電車は、パリ・ノード駅に着いた。この日は大分雪が降っていて、駅の中までタクシーを待つ客の長い列が出来ていた。地図を見ると、近そうに見えるが、実際ホテルまでの距離はかなりあった。エッフェル塔の近くだった。やはりパリは広いのだ。

最初の日は、特に目的もなくぶらぶらすることにした。というか、目的意識の希薄な旅行であったなあと思う。しかしその分リラックスできたことも確かだろう。ガイドブックを見て。地下鉄のマドレーヌ駅で降りた。人通りも、街の雰囲気も今まで訪ねてきた街の中では、なんというか一番賑やかだった。途中でやたらとピカピカに光っている建物を見つけた。パリのデパート、ギャラリーラファイエットだった。ちなみに自分はデパートではやはり新宿伊勢丹MENS館が断然好きである。青山だ代官山だかのセレクトショップがいいんだよ、といったこだわりはない。おしゃれに敏感な会社の同期や後輩が気にしていた名刺入れも、迷いなく「Isetan mens」のロゴが入ったものを買ったくらいだ。だから新宿伊勢丹MENS館より良いか悪いかでデパートを判断してしまう。そして最近はマドリッドに住んでいるので、スペイン随一の(というか唯一の?)デパート、エル・コルテ・イングレスとも比較するようになっている。まず入口に入った瞬間にエル・コルテ・イングレスの敗北が決定した。商品の陳列はやっぱりきちんと気を配っているなあという印象を受けた。奥に入ってから、この旅4カ国の中では最も洗練されていることを確信した。考えてみればファッションの街パリなんだから、当然と言えば当然なのだが、マドリッドにしばらく住んでいるせいで、パリのデパートですら、エル・コルテ・イングレス程度なのではないか、という懸念をいつの間にか抱いていたのであった。しかし、新宿伊勢丹MENS館には敵わなかった。新宿伊勢丹MENS館は世界一かもしれない。


ギャラリーラファイエットの内観

この日の夜は、LeedsのPre-MBAで一緒だった友達もパリに来るということで、一緒に食事をすることになった。久しぶりに会ったが、特に変わりはなかった、と思う。(そうだよね?)Leedsにいる他のみんなは何をしているのか、どんな様子なのか、等など話をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまった。Leedsにいた頃が今は幻のようだ…。

二日目もホテルを14時くらいに出た。もう午前中に起き上がることは不可能になっていた。この日は世界で一番有名な通りかもしれないシャンゼリゼ大通りにいった。凱旋門も間近でみた。さすがに3回目なので、もう特に感動はない。それでもたくさんの人で大賑わいだった。いったいこの地球上には何人人間がいるんだろう。毎日あれだけの人間がシャンゼリゼ大通りと凱旋門に初めて来ているのだから、いずれ人類はシャンゼリゼ大通りと凱旋門に感動しなくなる日が来るのではないかと思ったのだが、どうやら今尚人々はシャンゼリゼ大通りと凱旋門に感動をし続けているようである。このシャンゼリゼ大通りにはあの有名なルイヴィトンの本店がある。もう並ぶのが恥ずかしくてたまらないくらいミーハーなスポットなのだが、一回も行ったことがないのでミーハーな自分としては無性に行きたくなってしまった。嫁には止められたのだが、言うことを聞かずに並んだ。中はまるで博物館のようになっていて、ルイヴィトン製品が芸術品の如く並べられている。そしてたくさんの日本人を含むアジア人がこぞって買い物をしている。中にはでかい声で、且つ傲慢な態度で店員に様々なことを要求する、品性に欠けた客もたくさんいた。こうした客を増やしてまでも、さらなる繁栄を目指すことがルイヴィトンの目指すところなのかはわからない。少なくともルイヴィトンの製品の質そのものを求めて買おうという客というのはあまりいないのではないかと思う。餅は餅屋の精神とはかけ離れた繁栄なのではないか、とも思うのだが、一方でそういうことを言っている自分はやはりラグジュアリー業界の素人なんだろうとも思う。


観光客を魅了して止まないルイ・ヴィトン本店

行列の出来ているお菓子屋もあった。何とかというところで、マカロンが有名なようである。何と言ってもこのクリスマスバージョンの袋や箱が可愛いということで、かみさんに付き合ってまた長蛇の列に並ぶことになった。

自分にとってシャンゼリゼ大通りで楽しかったことは、PAULのサンドイッチとハーゲンダッツがおいしかったことである。つまり、別に世界中どこでも食べられる味に満足をしていたということだ。


パリでは”荒地の魔女”もお買いものをしています。

この日は大晦日だった。念願の海外でのカウントダウンである。学校のグループメートのフランス人から、エッフェル塔の下がいいよ、と言われていたので言われるがままにエッフェル塔の下に行った。ものすごい数の人がエッフェル塔に向かって行く。警官やパトカーもきっちり配備されている。露店ではシャンパンが売られている。年越しと同時にシャンパンを空けるのである。エッフェル塔の下ではいろんな人間が集まっていた。フランスのヤンキーかインターナショナルやヤンキーなのかはわからないがそういうのがいっぱいいて、一触即発のムードを醸し出していたり、さわやかな白人青年がずっと一人でカウントダウンを待っていたりした。自分はシャンパンがちゃんと空くようにコルクをいじっていたのだが、年越し前に開いてしまった。挙句の果てに酔っていたやつらに突然シャンパンをとられ、瓶ごとジュブジュブと飲まれてしまった。もうシャンパンは飲めなくなってしまった。午前0時数秒前になった。エッフェル塔に飾ってある星が一つづつ消えていった。そしてついに最後の星が消えたとき、みんなシャンパンを空けてたり激しく抱き合ったりし始めた。明けましておめでとう!こんなもんか、という感じではあったが無事にこの旅の重要な目的が果たされたのである。帰りはみんな暴れ気味で結構危ない感じだった。黒人の集団がものすごい声で叫びながら、いきなり全速力で走り始めたりしていた。オリンピックみたいだった。


カウントダウンを待つエッフェル塔

新年明けて元旦。この日はパリディズニーランドに行くことにした。ディズニーランドに行くまでの駅と電車は汚くて雰囲気がものすごく悪く、人もあまり載っていなかったのだが、ディズニーランドには結構な人がいた。チケット一枚買うのに何分時間がかかっているんだ!というくらいあまりにも遅いオペレーションのため、長時間氷点下の中並ぶことになった。このディズニーランドは、ヴィレッジというアトラクションの領域が2つあり、両方入るためにはチケットが割高になる。しかし目玉のアトラクションを両者に意図的に振り分けているようでもある。まんまとディズニーランドの夢いっぱいの創造的な戦略にはまるべく、両方に入れるチケットを買い入場した。最初にスペースマウンテンのファストパスを入手した。そして無性にキャラメルポップコーンが食べたかったので探したのだが、なかった。仕方なく普通のポップコーンを甘くしたものを食べた。まあこれもまあまあなので良い。そのあとやたらと激しく急降下するアトラクションに乗った。急降下の時間がとても長い。いい歳をして、かなり怖かった。でもそれだけ充実のアトラクションだった。出口で急降下時の写真が掲示されている。買いたい人は買えるやつである。大勢の客の中で自分だけが目をつぶっていたことが情けなかった…。スペースマウンテンに乗るまでは時間があり軽食処でコーヒーを飲んでいたのだが、欧州フードに嫌気がさしてきて、たまらなく中華料理か韓国料理が食べたくなった。そして即時パリ中心へ戻ることを決意したのである。

結局行列ができると言われる中華料理に行った。ここはなかなか良かった。スープ、チャーハン、豚。味が深いねえ、本当に。真の意味でおなかがいっぱいになった気がした。

次の日は、オルセー美術館に行った。オルセー美術館には行ったことがないものとばかり思っていたのだが、行ったことがある場所だった。ルーブル美術館でゴッホの自画像を観て感動したんだよお、とほざいていた自分だったが、実際はオルセー美術館であった。大分いい加減な感動だったなあ、と反省した。

この日の夜は、パリ最後の夜ということでうまいものを食べようとレストランを予約した。3つ星レストランシェフの何とかという人がその3つ星レストランを閉めて新たにオープンをした店であった。おいしいのだが、そこまでおいしくなかったのが残念。変な日本語だが、こういう感想がしっくりくる感じなのである。やはりフランス料理でありながら、レストランひらまつは本場を凌駕しているなあとつくづく思ったことよ。

翌日、シャルルドゴール空港から、大幅に出発が遅れたeasyJetに乗り、日付が変わった頃マドリッドへ帰ってきた。マドリッドは驚くほど温かかった。温度が本当に温かかったのか、マドリッドに来て心が温まっていたのかは、未だわからない。

3 コメント:

匿名 さんのコメント...

ご無沙汰してます、Evansです。
ヨーロッパ旅行お疲れ様でした。
いや~いつも思うんですが、文才ありますね。
本でも書いたらどうですか?(笑

麿 さんのコメント...

年越しカウントダウンのパリは危険よ。
ひどい時だと、身包み全部剥がされてしまうこともあるらしいよ。
(バカ騒ぎして収拾付かなくなるらしい)
シャンパンを奪われる程度で済んでよかったね。

レストラン、どうせならば、きちんと☆☆☆のところに行かないと。
やっぱり違うらしいよ。
☆☆☆のタイユヴァンに予約するメールを打ったら、すごくキレイな英語で返事が返ってきたよ。
それにエラく感動したなぁ・・・。

オルセーはいいね。
印象派の作品がいっぱいあるし。
ゴッホの絵を見たときは、「おっさん、色キチガイやなぁ」って思ったね。
あんなタッチの絵を描く人は、最期はやっぱり自分の頭を「ズドンッ」とやっちゃうよね。

では・・・。

Magemonosky さんのコメント...

>Evansさん

ご無沙汰です!アメリカでお元気に過ごされているようですね。何よりもそちらでの生活の充実ぶりが伺えますよ!いやあMBAについて色々と話したいですよ~。ぜひスペインにお越し下さい!

>麿さん

さすがフランス留学経験者はご存知ですね、色々と!パリのカウントダウンは特に凱旋門のあたりが例年危ないと聞きましたが…。
三ツ星はすぐには予約取れないでしょうから、次の機会を狙ってみますよ。
そちらは状況はいかがでしょうか?