2009年1月5日月曜日

クリスマス休暇① ~ピザ地獄ローマ編~

新年あけましておめでとうございます。

クリスマス休暇で欧州旅行に行っており、ブログの更新が随分と遅くなってしまった。クリスマス休暇の大半を費やした旅行について各国ごとに綴っていきたいと思う。

今回の旅行は飛行機と鉄道の旅である。飛行機だが、今回初めてeasy Jetを使った。噂には聞いていたが、本当に席が定まっておらず、早いもの勝ちだった。みんな搭乗時間に合わせて長蛇の列を作っていた。自分は面倒くさいので、大方の搭乗客が列に並び終わった後、ほぼ最高列に並んだ。チケットとパスポートを見せた後、機内に入る直前でも人がたくさん並んでいた。機内で客が席を選んでいるからみんな中に入ることが出来ないのだ。

どうして席を固定しないのだ?easy Jetは追加料金を支払うと、機内に早く搭乗出来るオプションがある。どうしても気に入った席を選びたい人はこれを利用するわけだ。ただこの追加料金は一人当たり数十ユーロなので、全体的にも大した金額にはならないと思う。つまりこの追加料金狙いで席を固定していない、ということでもなさそうだ。

ということは、座席固定制度を採用することで何かしらのコストがかかるということなのだろう。航空会社について詳しく知らないが、例えば2人の客や3人の客をうまく組み合わせて座らせる仕組みに金がかかるのかもしれない。こうしたこともその内ケースで勉強するのだろうか。

機内のシートは本当にチャチである。背もたれにもたれかかるとパコパコ音がする。前の座席までの距離が極めて狭い。日本人男性のほぼ平均身長の自分が狭いと感じるような機体でもって、欧州を中心に事業を展開しているeasy Jet。

それでも、こうした航空会社があるおかげで、多くの人間が気軽に飛行機に乗り海外旅行を出来るようになった、に違いない。(欧州はそうでもないのかな??)

何はともあれ最初の目的地、ローマに到着。ローマは学生の時の卒業旅行以来である。空港からテルミニ駅に着くと、学生時代にも確かに目にしたことのある光景が広がっていた。荷物が重いので、タクシーでホテルまで行こうとしたが、乗車を拒否された。この旅行の最初のタクシートライは失敗に終わったのだ。仕方なく地下鉄でホテルに向かうことにした。驚いたことにローマの地下鉄は暗くて汚い。これだけ有名な国際都市であるにも関わらず、特に改装をしようという動きもない。おまけに市内を十字に2線走っているのだが、市内の大部分がこの十字にカバーされていないので、極めて使い勝手が悪い。

しかし注意表記だけは何故かかわいい

ホテルに正午に着いた。朝早かったので、とりあえず一眠りしてから市内を回ろうということになった。しかし自分も嫁も眠ることをとても大切に考えているので、どんどん寝てしまい。気づいたら夕方の5時。それでもあまり気にしなかった。体を酷使して観光スポットをたくさん回るという旅行が二人揃って嫌いなので、十分に寝て余った時間で可能なだけ街を回ろう、という姿勢はこの旅行で終始一貫していた。

お腹が空いていたので、雰囲気が良さそうなレストランに入った。パスタとピザを注文した。予想通り、大しておいしくなかった。日本で出てくるもの以上のものを期待していたが、それはないのだ。日本で出てくるパスタとピザは、日本パスタとか日本ピザというような新しい食べ物の種類として分けられるべきだろう。

次の日は、コロッセオと真実の口に行った。真実の口に行くのは、如何にも観光客っぽくて恥ずかしかったのだが、いざ目の前に来るとウキウキして、口に手を入れて手を食べられてしまうフリをしてしまう自分が情なく、そして可愛かった。

この日の夜は、グループメートのローマ出身のイタリア人からもらった情報で、特にローマでもおいしいレストランが軒を連ねている場所に行くことが出来た。IEに来て初めてネットワークが有効だと思った瞬間である。感じのいいレストランが石畳の道の上に並んでいて、とても雰囲気が良い。イタリアに来たなーという実感が湧いてきた。一軒行列が出来ているレストランを発見したので、結局そこに入ることにした。2階に案内されると、誰も客がいないのに、前の客と隣り合わせで座らされた。何だよ気が利かねーなーと思っていたが、すぐに客席は完全に埋まってしまった。相当人気のある店らしい。出てきたピザは生地の薄いナポリピザだった。生卵が乗っかっている。かじってみると、これがなかなかおいしい。嫁はおいしいおいしいと騒いでいる。やはり地元に住んでいる人間の情報は確かである。

そのレストランの近くにはイタリアっぽいジェラート屋があった。自分はすかさず寒い中ジェラートに食いついた。ホテルまでのタクシーの中でもむしゃむしゃとジェラートを食べていた。

ホテルに戻ると、何か胃の調子がおかしい。ビールを一杯しか飲んでいないのに気持ちが悪いというのは妙である。シャワーを浴びれば何とかなると思い、熱湯のような熱いシャワーを浴び、そして寝た。

夜中に目が覚めた。異常に気持ち悪い。ジワジワではない。極めて急激に気持ち悪い。トイレに駆けこみすべて出してしまった。ローマで嘔吐…。理由はわからない。ピザなのか、ジェラートなのか、ただの食い過ぎなのか。

自分を極限まで追い詰めたピザ

この日を境に、何も食べ物を受け付けなくなってしまった。そしてピザが大嫌いになった。

2 コメント:

麿 さんのコメント...

タマゴが原因でしょう。
外国のタマゴは、日本とは違って100%サルモネラ菌が付着しているらしいよ。
だから、タマゴかけご飯なんて出来ないらしい。
たぶん、それが原因だと思う。
では・・・。

Magemonosky さんのコメント...

し…知りませんでした。
確かにあれ以来、タマゴを全く受付ません。
これからは、極力生でタマゴを食べることをやめます!